注文住宅を建てる正しい流れとは?基礎知識から学ぼう

流れの確認が大切

家を建てる際にはやることが多くあるので、何から始めるべきか分からない人が多くいます。しかし、正しい流れで住宅選びをしなければ、失敗してしまう可能性が高くなってしまいます。一生住み続ける理想の住宅を建てるために、家を建てるまでの流れを確認しましょう。

注文住宅でこだわるポイント

  • 間取り
  • 適材適所の収納
  • 見た目や素材
  • 耐震性
  • 省エネ性能
  • 玄関
  • バストイレの位置

注文住宅を建てる正しい流れとは?基礎知識から学ぼう

男の人

注文住宅について知る

注文住宅をする場合には、まず注文住宅についての基礎知識を身につけましょう。注文住宅には大きく分けて、材質から間取りなど全てを指定する「フルオーダー住宅」と、基本的な仕様が決まっており、受託設備などを決める「セミオーダー住宅」の2種類があります。フルオーダー住宅の場合は、かなりの建築知識が必要になりますが、自分好みの住宅を建てることができます。福岡の注文住宅は費用は高額になってしまいますが、予算を調整しやすく、自由度が高くなるのでオススメです。

夫婦

実際に様々な住宅を見る

注文住宅の基礎知識がわかった所で、大阪などで様々な住宅を見てみましょう。分譲住宅のモデルルームなどで、様々な家を見ることができるので、参考にすることができます。また、最近はホームページなどで、施工事例などを確認が可能です。自分の理想の家を建てるためには、「こだわり」を決めておくことで、スムーズに家づくりが進みます。また、実際に注文住宅を建てた人の声などもとても参考になるので、利用しましょう。

男女

自分に合った住宅メーカーを見つける

頭の中で、ある程度家の理想が決まれば、業者選びをしましょう。業者によって、家の出来が大きく異なるので、業者選びも大切なポイントになります。複数のメーカーで見積もりを取り、比較して理想的な業者を見つけましょう。その時に大切なポイントは「構造」「工法」「費用」「デザイン性」です。理想にたどり着くまで、じっくり話を聞いてくれる業者が信頼できます。

アフターフォローが大切!

業者によっては、アフターフォローの差があります。そのため、アフターフォローについて、初めに確認しておく必要があります。新築の家でも、年数が経てば老朽化してく一方です。そのため、家が建つまでの間だけではなく、住み始めた後でも親身に相談に乗ってくれる業者を選ぶことが大切です。

広告募集中